ジャケットを着るというコト

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシーコーディネータ小柴晃です。

いつ着ますか

パーティー、冠婚葬祭、大抵の人はこのどちらかくらいでしょうか。毎日同じものを着ていても病気にはなりません。でも毎日カップ麺を食べて死んだ人を知っています。毎日同じ格好をしている、私には着こなしは死んでいる様に思えます。

ジャケットは少し硬いイメージがあります。でもショーツにスニーカーで合わせると何も硬くありません。毎日違う格好をするのは、毎日違う物を食べるのと同じです。栄養のバランスと同じ様に着こなしのバランスも大切に思っていただきたいです。

昨日何を食べたのか言わなければ誰にも分かりませんが、何をどう着ているかいつもいっしょなのかどうかは、見れば一瞬で分かります。昨日肉を食べたなら、今日は魚や野菜を食べて下さい。

◆◆1コイン1コーディネート作ります◆◆

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら