いいセーターの選び方。縫製 と糸(質感)。

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシースタイリスト小柴晃です。

あなたのいいセーターの定義は何ですか?

カシミアだから、一流ブランドだから?カシミアは柔らかくて暖かく、ある意味いいセーターではあります。ではブランドはどうでしょうか…一流ブランドでもモノまでいいとは限りません。

デザイン面では人それぞれ違うのでここでは触れません。いいセーターの条件は大きく分けて2つあります。

①縫製
②糸(質感)

糸が太い厚手セーターをローゲージ、逆に細く薄いセーターをハイゲージと言います。

ローゲージニットは自重で伸びる傾向にありますが、それにも耐えうるしっかりとした縫製が成されているかどうかというコト。(一部どうしても伸びてしまうリネン素材もあり)

ハイゲージは軽いので伸びるということはあまりありません。こちらは着心地や肌触りを重視します。1年着てみてどこかダルダルに伸びてしまっていたなら、それは上記のどれかが上質ではなかったはずです。

結局良し悪しは見て触って経験値より判断するワケですが、経験値を上げるには分からないなりにもいいモノを触っていなくてはいけません。ある日突然には分かりませんが、気が付くと分かる様になっているものです。

伸びるか伸びないか、触った質感とフィット感をシンクロさせて着心地を想像できる物がいいセーターと言えます

rag&bone/Wool Sweater/Brown/19,440

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら