価値観の話

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシーコーディネータ小柴晃です。

商品の価格=あなたの価値です

30万のスーツを着てフェラーリに乗った男が1,100円のランチを「100円まけてよ」と言いました。

靴も服もボロボロの男が540円の弁当を買おうとしています。ポケットからありったけの小銭を出しましたが20円足りません。「すいませんが20円まけてはいただけませんか?」私は前者の100円は値引きしませんが、後者は気持ちよく値引きしたいと思います。

今日私は高額商品を注文しました。型落ちで安い物より最新の高価な物を選びました。「ボクはいいものを高く買いたいんです」かつてビジネス学校の先生はそう言ってました。先生はこうも言ってました。心臓手術SALE!! 100万円が98%OFFで2万円!!! 100万か2万、どちらの手術にしますか?

商品には何でも価値があります。価値=価格が下がるのはどんな時でしょうか?古くなったもの、キズや汚れが出来てしまったものなどがあります。大抵の人はSALEで安くなった物を買って得をしたと思います。

でも逆の価値観から考えるとまだ誰も買っていない、持っていないモノを所有する優越感という価値観もあります。安く買うことに満足するのは何も問題ありません。それを口に出してしまうとその人の価値が見透かされてしまいます。安く買うことは何も格好いいことではありませんから。

SALE?しまった~遅かったか…定価で買いたかったです

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら