冬Teeにこだわらないといけない理由

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシーコーディネータ小柴晃です。

誰でも夏Teeの方がこだわりますよね

夏のTシャツは1枚でいられますから、ある程度の条件をクリアしていれば問題ありません。秋冬になりますとTシャツはインナーとなります。ボタンシャツのVゾーンからチラリとしか見えないTシャツ、これが着こなしを大きく左右します。

じゃあ着なければいい、という声も聞こえてきそうです。着ないといけないことはありませんが寒いです。イタリアかぶれか何なのかよく分かりませんが、真冬に素肌見せて胸元全開の肺炎志望スタイルは議論するに値しません。

Vゾーンからチラリと見えるTシャツ、これを肌着の様に、もしくは明らかにふさわしくないもので合わせてしまうとせっかくのいいシャツも着こなしも台無しとなります。

では何を選べばいいのか、それは首リブが太過ぎない密度の高い質感のモノです。例えばさり気なく細い首リブ、ペルー製ピマコットンを使用した質感もしっかりしているこのジョンバルベイトスのTシャツの様に。

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら