トレンドのアビスブルー、インディゴブルーの着こなし

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシーコーディネータ小柴晃です。

ただの青じゃない、更に異素材と組み合わせる

ボトムスでブルーと言えばデニムを想像する方は多いでしょうが、こんな感じで濃く、そして暗くないカラー、デザインのモノが当店でおすすめするトレンドスタイルとなります。

トップスの無地ダウンジャケットはボトムスの綿に対してナイロン、色もピンクゴールドと発色のいいカラーで合わせています。メンズアイテムでは中々バリエーションに無いカラーです。

スコッチ&ソーダ ウォッシュドコットンP 16,200
Tna ダウンジャケット 21,600

この秋冬のアウターとして間違い無く注目されるアイテムとしてGジャンがあります。かなりウォッシュした薄いカラー、ややウォッシュされたモノ、ノーウォッシュ、大きく分けるとこの3つのカラーになります。

一番無難なものはややウォッシュされたモノですが、今回注目していただきたいのは、かなり色が薄いハードウォッシュタイプです。デニムの色自体が薄いことで濃い色のシャツや小物、ボトムスの引き立て役になるという点がポイントです。主役の様で実は名脇役という使い方です。

RRL デニムジャケット 38,880
RRL ヴィンテージタイ 12,960
フィルノワール コットンシャツ 23,760

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら