白と黒の話

三重県四日市市で唯一「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」へ貴方を簡単にカッコよくさせ変身させるワンポイントフラッシースタイリスト小柴晃です。

白と黒は色じゃないと誰かが言いました。実際に無彩色となる白黒は色数としてカウントされません。白Tシャツに黒いパンツを穿いていたら色数は0です。

本日はこの無彩色の白をフォーカスしてみたいと思います。白と言えばどんなアイテムを連想されますか?おそらく真っ白のTシャツ、真っ白のシャツではないでしょうか?

いつも言っています私の究極のスタイルに「ブルージーンズ×真っ白のTシャツ」があります。このTシャツ、白なら何でもいいというものではありません。ドレッシーなポリエステル100%ではダメですし、ヨレヨレのダボダボシルエットでもダメです。適度なフィット感と、ややクタリ感のあるコットンベース素材これが私の思う最高のブルージーンズに合う白いTシャツです。

素材へのこだわりを追求するようになりますと、センスと見た目が飛躍します。このパンツに合う白を選びました、という人と、このパンツにはこの素材の白を選びました、という人では全く違うというコトです。白は誰でも簡単に合わせられます。白のどこに何にこだわるかが大切です。白は簡単、でも白を魅せるのはとても難しいのです

もう一つ例を挙げますとポリエステル系のフォーマルなベストがあったとします。これに白Tシャツを合わせるとすれば、綿よりも同素材の化学繊維系が合います。しかしボトムスが麻のパンツだったらどうでしょう?この場合はボトムスのラフイメージに合わせてトップスTシャツも綿でいいでしょう。

この様に素材を知るということは着こなしにも深く関係してきますので、地味に無難に合わせたい方は特に知っておく必要があります。簡単だからといって適当に合わせていたのでは、他のアイテムがせっかくいいモノでも着こなし的には残念なモノになってしまいます。

柄は難しいから無難に単色で…本当は単色こそ難しいのです。ではその単色白Tシャツを映えさせる方法をご紹介します。画像をご覧ください。夏コーディネートは特に重ね着ができません。なので小物を使ってアクセントを付けます。夏スタイルは小物で決まると言っても過言ではないでしょう。

小物を上手く使っている人は必ずと言っていいほど夏の着こなし上手であると言えます。白Tシャツにはブルー系のストールやバンダナを使って爽やかに、海の青と空の白イメージをコーディネートに取り入れていただきたいと思います

白Tシャツは合わせるアイテムの素材を考えて選ぶ

この商品に関するお問い合わせ、ご相談はオーナー小柴晃のLINEまでお気軽にどうぞ
サイズ感や素材などの詳しいご説明、確認したい部分のパーツ写真などもお送りできます。▶ LINE友だち登録はこちら